野口寿浩


千葉県習志野市出身
習志野市立習志野高校を卒業後、1989年ドラフト外でヤクルトスワローズへ入団。
同期入団の古田敦也捕手に次ぐ2番手捕手として野村克也監督からID野球を叩き込まれ、自身も毎日試合後に行う講義を熱心に聞きその技術を取り込もうとしていた。
ヤクルトスワローズで9年間プレーした後、日本ハムファイターズに移籍。以後、4年間正捕手として活躍。オールスター戦へも出場。
2003年捕手不足に悩んでいた阪神タイガースの坪井智哉選手との交換トレードで阪神タイガースへ移籍。岡田彰布監督の元で矢野燿大との併用起用で5年間活躍するもFA権を取得しプロ生活最後は関東のチームでプレーしたい本人の気持ちを捕手の補強に重点を置いていた横浜ベイスターズが答え、2009年に横浜ベイスターズへ移籍。2年生間プレー後に現役を引退。
引退後は、野球解説者や少年野球の指導者として活動。2017年、18年と2年間は東京ヤクルトスワローズのバッテリーコーチに就任。1年目は2軍、2年目は1軍のバッテリーコーチを務め、2019年から再び野球解説者として各メディアで活動中。


プロフィール

1971年6月24日生まれ
千葉県習志野市出身
183cm/77kg
右投げ右打ち

経歴

・習志野市立習志野高校
・ヤクルトスワローズ(1990~1998)
・日本ハムファイターズ(1998~2002)
・阪神タイガース(2003~2008)
・横浜ベイスターズ(2009~2010)
・東京ヤクルトスワローズ コーチ(2017~2018)

通算成績

911試合 582安打42本塁打272打点 打率.250

表彰

JA全農Go・Go賞:1回


著書

スポンサー

メディアパートナー