清水隆行

1995年にドラフト3位で読売ジャイアンツへ入団。
1996年シーズンにレギュラーに定着すると、「攻撃型の2番打者」として同期入団の仁志敏久と1、2番コンビを組み、松井秀喜や高橋由伸と外野陣を形成してチームを牽引し4度のリーグ優勝と、2度の日本一に貢献し、1996年の「メークドラマ」、2008年の「メークレジェンド」の両方を経験した唯一の選手となる。
2009年に現役引退後は読売ジャイアンツのコーチを務めた他、 野球解説者、スポーツコメンテーターとして活躍中。2017年からはU-15侍ジャパンの監督を努め、2019年からは母校東洋大学の非常勤コーチを務める。


プロフィール

1973年10月23日生まれ
東京都足立区出身
183cm/83kg
右投げ左打ち

経歴

・浦和学院高校
・東洋大学
・読売ジャイアンツ(1996~2008)
・埼玉西武ライオンズ(2009)
・読売ジャイアンツ コーチ(2011〜2015)
・U-15侍ジャパン 監督(2017〜2018)
・東洋大学 非常勤コーチ(2019〜)

通算成績

1485試合 1428安打131本塁打488打点  打率.289

獲得タイトル

最多安打:1回

表彰

ベストナイン:1回


著書

スポンサー

メディアパートナー