副島孔太

東京都大田区出身。
大田シニア時代から日本代表に選ばれるなど活躍し、神奈川・桐蔭学園高校に進学。1学年先輩の高木大成(元西武ライオンズ)や1学年後輩の高橋由伸(元読売ジャイアンツ)とともに主力として2年連続甲子園に出場。自身もラッキーゾーンに本塁打を放つなど活躍した。法政大学時代は1995年の全日本大学野球選手権で日本一に貢献し、翌1996年のドラフト会議でヤクルトスワローズから5位で指名され入団。
ヤクルトでは2001年の日本シリーズ第4戦で決勝本塁打を放ち、チームの4年ぶりの日本一に貢献。その後トレードでオリックス・ブルーウェーブに移籍し、3年間プレーした。
オリックス退団後は新設された茨城ゴールデンゴールズに選手兼コーチとして入団し2年間プレー。その後はフェデックスに移籍し、2008年の都市対抗野球大会にTDK千曲川の補強選手として出場した。
その後は鉄腕硬式野球倶楽部の選手兼監督としてプレーした後、現在はBBCスカイホークスの監督や少年野球指導を行っている。


プロフィール

1974年5月17日生まれ
東京都大田区出身
186cm/88kg
右投げ左打ち

経歴

・桐蔭学園高校
・法政大学
・ヤクルトスワローズ(1997~2002)
・オリックス・ブルーウェーブ(2002~2004)
・茨城ゴールデンゴールズ 選手兼コーチ(2005〜2007)
・フェデックス 選手兼コーチ(2007〜2009)
・鉄腕硬式野球倶楽部 選手兼監督(2010〜2012)
・BBCスカイホークス 監督(2012〜)

通算成績

463試合 233安打21本塁打106打点 打率.255


スポンサー

メディアパートナー