鈴木尚広


福島県相馬市出身
強豪校からの誘いもあったが、家の目の前にあった相馬高校へ進学。1996年ドラフトで4位指名で読売巨人軍に入団。
本来は右打ちであったが、俊足を活かすためにスイッチヒッター、左打ちなどに挑戦をし一軍に定着する為の努力を重ねていた。
若手時代から年俸の半分ほどをトレーナーとの契約につぎ込むなど、野球に対する姿勢は真摯であった。
また一軍定着後も、FAで加入してきた小久保、小笠原など球界を代表する選手が人一倍努力や準備をする姿を見て「あの人たちですら、あれだけ練習するのであれば…」とより触発され、ナイターの日でも朝9時には東京ドームへ入りトレーニングする等、更なる努力をしてきた。
常勝軍団の中で自らの強みを活かして、一軍でのポジションを確立し、20年間生き抜いた。「代走・鈴木尚広」とコールされるだけで、東京ドームは割れんばかりの大歓声が起こった。試合を左右するキーマンとして、数度の優勝に貢献。通算盗塁成功率も82.9%と当時の日本プロ野球記録を樹立。
引退後は、トレーナー、メンタルトレーニングに関する資格の取得を目指しつつ、野球に留まらず、スポーツの素晴らしさ、奥深さを伝えるコメンテーターとして活動していく。2019年より読売巨人軍外野守備走塁コーチとして球界に復帰。現在は解説者として活動中。


プロフィール

1978年4月27日生まれ
福島県相馬市出身
180cm/78kg
右投げ両打ち

経歴

・福島県立相馬高校
・読売ジャイアンツ(1997~2016)
・読売ジャイアンツ コーチ(2019)

通算成績

1130試合 355安打10本塁打75打点 打率.265

表彰

ゴールデングラブ賞:1回
JA全農Go・Go賞:1回
日本シリーズ優秀選手賞:1回


著書

スポンサー

メディアパートナー