塚原謙太郎



 現役時代は投手として都立淵江高校から東北福祉大へ進学。
3年時にハワイ選抜大会優勝、4年時には全日本大学野球日本選手権でベスト4、明治神宮大会では準優勝を果たした。
 卒業後は社会人の名門・日本生命に進み、1997年の都市対抗野球大会では優勝を果たす。
現役引退後は専門学校で学び、アスレティックトレーナーの道を志した。
 プロのアスレティックトレーナーとなってからは、競技キャリアと科学的根拠に基づいた障害予防トレーニング・フィジカルトレーニングを融合させ、現場のニーズにあったトレーニングを軸に、「なぜ今、なぜこのような」といった取り組みに対する重要性も伝えている。
 現在は、高校野球(健大高崎高校の3季連続甲子園出場・花咲徳栄高校の3季連続甲子園出場及び5年連続甲子園大会出場(継続中)また、2017年の夏の甲子園大会優勝の体力の土台作り)全国多数校のトレーニング指導を中心に活動中。


プロフィール

1974年5月4日生まれ
東京都出身

経歴

・東京都立淵江高校
・東北福祉大学
・日本生命

現職

合同会社Physical Performance CEO
・アスレティックトレーナー
・コンディショニング・フィジカルトレニングコーチ(競技個人・チーム)
・大学講師
・各種セミナー講師
・ドーピング検査員
・KAATSU(ゼノア)KSアドバイザー
SKLZパフォーマンスアドバイザー
湖池屋アンバサダー
アスリートシナプソロジー開発スタッフ

資格

・全米ストレングス&コンディショニング スペシャリスト NSCA-CSCS
・日本アスレティック医科学協会 Ⅲスターマスター ストレングストレーナー
・文部科学大臣認定アスレティックトレーナー
・ドーピング コントロール オフィサー
・加圧KSアドバイザー
・SKLZパフォーマンススペシャリスト
・湖池屋LS1アンバサダー
・シナプソロジー教育トレーナー


著書・DVD


掲載記事(外部リンク

スポンサー

メディアパートナー