山村宏樹



山梨県立甲府工業高等学校では2年生でエースで4番を任され、第75回全国高等学校野球選手権大会に出場。
1994年にドラフト1位で阪神タイガースへ入団。1997年にプロ初登板を果たし、翌年にはプロ初白星2000年大阪近鉄バファローズへ入団すると、先発ローテーションに定着し、オールスター初出場を果たす。翌年には自己最多の7勝をマークしてリーグ優勝。
2004年大阪近鉄バファローズの消滅が決まり、分配ドラフトにて東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。50年ぶりとなる新球団の創設メンバーとして、先発や中継ぎ投手としてフル回転で活躍した。
2012年の現役引退後は、東北楽天ゴールデンイーグルス初のOB解説者として、球団の本拠地・仙台を中心にテレビや新聞でコメンテーターとして活動する他、コラムの執筆、書籍の出版、講演、トークショー、野球教室の開催等、幅広く活躍。現在は母校、甲府工業高校の非常勤コーチとしても後進の育成にあたっている。


プロフィール

1976年5月2日生まれ
山梨県甲斐市出身
181cm/74kg
右投げ右打ち

経歴

・山梨県立甲府工業高校
・阪神タイガース(1995~1999)
・大阪近鉄バファローズ(2000~2004)
・東北楽天ゴールデンイーグルス(2005~2012)
・山梨県立甲府工業高校 非常勤コーチ(2014〜)

通算成績

225試合 31勝44敗2セーブ20ホールド 防御率5.01


スポンサー

メディアパートナー